毎年、この時期になるとお客さまのHさんから届くフレッシュなX’masリース!!
山歩きをして見つけてくる自然な木の実、蔓などをベースにオレンジ、リンゴ、ガーリック、
椿の殻、トウガラシ、カラスウリ、ヒイラギ等の素材をセンス良くまとめたリースです。
毎年譲ってください!!とかおいくらですか?とラブコールを頂いていたので今年はHさんに
お願いして販売用として手作りしていただくことになりました。どちらも直径30cmぐらい
の大きさでプライスは¥3,000です。手間ひまかかった愛情たっぷりのフレッシュリース!
モカハウス店頭にて販売開始です!!(もっと小さいものとか大きいもの等ご相談に応じます)
昨年頂いたリースも二階に飾ってあるのですが、ドライになった感じも素敵ですよ~!!
Img_c1d65ccb7892440de9c38bd7b9710bbcfaf92d6e
¥3,000
Img_ec9999179489976937d4cd54d18b3cc0aee0995c
¥3,000
朝晩寒くなってきましたね。コットンハウスアヤの展示会にブーツを履いていったら、社長さんから
同じタイプのオーダーを頂いてきました。。。本日宅急便で送りましたよ~!!
モカハウスでも、ブーツの動きが活発になってきました!!ロングブーツ、ショートブーツ、
編み上げ、ハイカット等サイズも36(23cm)~40(26cm)まで揃ってますので、
是非お試しくださいませ。。。ハイカットと編み上げは42(27~27.5cm)まで在庫あり。
43(28cm)はお取り寄せとなります。メンズOKですので是非X’masプレゼントに!!
Img_68f7312da7e20947fc5d7f9232d1bf236e87c7fc
¥37,800
Img_a8f35adc9c41327c05fdf9431f5c411ce7f9a24f
¥31,500
Img_ecdeeff740e0bd8ea9a1b9d71fa43078c074b0ae
¥29,400
Img_5075e381bda6090de814f63bcd5f9f0f1ac651b7
¥31,500
Img_8520606b34cb4b9f6e8efefad2d6547398a486f0
¥33,600
Img_242b7ef640079b9b4e9c2f0d32477895dfc1dbf8
¥29,400
朝早くにシードコーポレーション(ナチュラリスタとダックフィートの靴)のモカハウス担当の

営業のSさんが来店してくれました。休み明けという事もあり、お店が混雑していてきちんと応対

が出来ないうちに帰りの時間が近づいてしまいました。タクシーをお待たせしてのパチリ!!

急ぎ過ぎて・・もっとカッコイイのにごめんなさい。でもせっかくだから、UPしてしまいますよ。

どうぞ、これからもよろしくお願いしますね。。。ご苦労様でした!!
Img_bbd3adc48c21fe37f5b36e71f912f5e57932545b
Img_de98b1b22e7bbbb93fec5ab5c2ae3951b5f69db9
Img_5ab1e846d3f776e6ac1e18665a7ed9516e757887
Img_5eb4598868f6a1b22662d1c1991e53ae529a0a97
個展のお知らせです!! 茨大の正門まで行く途中にある絵画教室「みかど絵画教室」にて
開催中です。「川崎翔平 ひとりてん」 11月12日まで  10:00~18:00 
お問い合わせ  029-231-0641(みかど商会)

昨日見に行ってきたのですが、小っちゃい頃しか会ってなかった翔平君の
18歳に触れてきた感じというか、純粋に楽しく描いている絵に感動して帰ってきました。
プロフィールは、彼の絵画教室の先生のお言葉を抜粋して載せてみました。

1993年9月28日生まれ  幼少期から絵を描きはじめる。高校卒業後、障がい者地域自立支援
ネットワークにて就労訓練を受けながら、制作活動を続ける。幼少期の頃、彼の父親が描く絵を膝の
上に乗って見るのが大変好きであったという。その後も母親のあたたかい応援のもと、現在まで制作
活動を続けてきた。彼にとって小さい頃の楽しかった記憶や幸せな空間はイコール「絵を描くこと」
であったからこそ、ごく自然に心から欲するままに続けてこられたのかもしれない。
私がはじめて彼と出会ったのは去年の夏の終わりの頃であった。それから今日に至るまで、驚きの
連続であった。彼は私の持っている固定概念、物の見方とはまるで違っていた。
肖像画(油絵)を描いた時の話である。鏡に映った自分の姿をキャンバスに描くのだが、その後ろ
に写った窓の外の景色も描いた。始めた頃の景色は明るい日の光を浴びた建物が描かれていた。
そうして時間が過ぎ辺りも暗くなった頃キャンバスをみて驚かされた。彼の絵の景色も夜になっていた。  (省略・・・・)
勿体ない。恥ずかしい。面倒くさい。自分を良く見せたい。誰もが持つこうした心は、彼が制作する
上で存在しない。ご飯を食べるように、眠るように、息をするように、制作しているのかもしれない。小さい頃、自分が絵を好きになったときのこと、描いていた時の気持ち、また今、忘れかけていた大切な事。彼の制作に取り込む姿勢は本当に多くのことを教えてくれる。今回の展示で、そうした彼の制作背景を、まなざしを感じて頂ければ嬉しく思います。  絵画教室講師 喜内順子